岩手ダイハツはこの度、矢巾町へ新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する送迎用として、

福祉車両タント2台を貸与することとし、

それに伴い5月10日(月)、矢巾町役場にて貸与覚書締結式を執り行いました。

 


5月10日(水)、矢巾町役場にて開催された送迎車両貸与覚書締結式の様子

写真左側 岩手ダイハツ販売株式会社 代表取締役社長 中田利光・写真右側 矢巾町長 高橋昌造様

 

この取り組みは、岩手県内においても新型コロナウイルス感染症の拡大傾向がみられ、

ワクチン接種の促進を必要とする中、高齢者や体の不自由な方などの

接種会場への移動手段の問題解消に役立てていただくことを目的としています。

 

貸与車両はタントスローパー(車椅子昇降車)とタントシートリフト(助手席リフト昇降車)で、

無償での貸与をいたします。

 


貸与車両のタント2台

写真左側 タントシートリフト(助手席リフト昇降車)・写真右側 タントスローパー(車椅子昇降車)

 

この取り組みが、一人でも多くの方のワクチン接種が可能となることへの一助となり、

地域の新型コロナウイルス感染症の拡大抑制に繋がることを願っています。