漆の林づくりパートナー協定締結式の様子

写真左手:岩手ダイハツ販売株式会社 代表取締役社長 中田利光 写真右手:二戸市長 藤原淳様

 

今年4月14日(水)、二戸市・市役所にて、
「漆の林づくりパートナー協定」の締結式を行いました。
 
漆全国シェアの約7割を占める、二戸市浄法寺町の漆。
平泉町の中尊寺金色堂・栃木県の日光東照宮の保存修理や、
多くの国宝・重要文化財の修復にも使用される程の高い品質を誇る一方で、
保存修理に必要な使用量に対する生産量が不足しており、漆の増産対策が課題となっています。

 

そうした背景から漆の増産を支援する為、二戸市とパートナー協定を締結し、
今年11月、二戸市浄法寺町・漆うるわしの森50本の漆を植樹する予定です。

 

 

二戸市浄法寺町・漆うるわしの森

 

岩手ダイハツは引き続き二戸市の漆の林づくりを応援するとともに、
今後も様々な地域貢献活動に取り組んでまいります!